自分の性格に合わせた授業形式を選ぶ

数多くある医学部進学専門の予備校の中から自分に合った予備校を選ぶには「授業形式」を比較する事が重要となります。周りにライバルがいた方がモチベーションを維持しやすい場合は、集団授業を行っている予備校を選ぶと良いでしょう。同じ医学部を目指すライバルがいるのでお互い刺激をし合ったり情報交換をしたりとモチベーションを維持しやすくなっています。一方、出来る限り静かな環境や自分のペースで勉強したいという場合は、少人数や1対1の授業形式が向いています。周りのペースに合わせる必要がなく慌てず確実に成長出来るといった魅力があります。人数が少ない授業形式では、講師のフォローに期待が出来ます。分からない箇所を放置せず出来るようになるまでサポートしてもらえるので独学が苦手な人から支持を集めています。

予備校ごとの学習環境と実際に利用した人の口コミを比較

いつでも自由に自習が出来る静かな学習室を完備していたり、生徒の学力に合わせた個別指導を定期的に受けられたりと予備校によって学習環境が大きく異なります。中には、1日3回の食事や快適に自習出来る自室を完備した寮を用意している予備校も存在します。自分に必要だと思う学習環境が揃った予備校に絞る事も医学部進学専門の予備校選びの大切なポイントです。予備校選びで迷った際には、口コミ・評判を比較する事をお勧めします。気になっている予備校を実際に利用した人の感想や評価を知る事が出来ます。口コミには、予備校のホームページやパンフレットでは知る事の出来ない情報が記載されている事も珍しくありません。良い意見だけではなく悪い意見も忘れず確認しましょう。

医学部の現役合格はかなり難しいものだと思っておきましょう。浪人して当たり前だと考えるべきです。5浪以上する人も多くいます。