医学部受験に関するノウハウが蓄積されているところを探そう

医学部受験のための予備校選びの際に大手予備校にターゲットを絞りたいという人は、難関大学の受験対策や進路指導などのノウハウが蓄積されているところを優先して探すことが重要です。たとえば、国公立から私立まで様々な大学の医学部の合格実績がある大手予備校の中には、一人ひとりの受講生の学力に見合った指導を行ったり、志望校の決め方について的確な助言をしたりしているところが多くあります。また、少人数制の授業が行われている大手予備校に興味がある時には、講師と生徒との距離が近いところや、授業の前後に気軽に学習に関する相談ができるところを選ぶと良いでしょう。なお、予備校の運営会社によってコースの種類や授業の回数などに違いが見られるため、資料を参考にしつつ時間を掛けて自分に合う予備校を見極めることが肝心です。

体験授業や説明会を通じて信頼できる講師を見つけよう

医学部受験に特化した大手予備校の中には、質が高い授業を行うため講師の採用や教育に力を入れているところが多くあります。特に、都市部にある大手予備校においては、受講生が自由に担当の講師を選べるシステムを導入しているところや、担任の講師と一緒に定期的に模擬試験や学校の定期試験などの結果をフィードバックできる機会を用意しているところが目立ちます。そこで、信頼できる講師を見つけるうえで、各地で受験生や保護者などの間で評判が良い大手予備校の体験授業や説明会などの機会を積極的に利用することが大切です。その他、同じ講師に長く指導を受けたい場合は、マンツーマンによる指導の可否についても調べてみるのがおすすめです。

医学部の推薦入試は、高校での学業成績だけでなく、資格検定試験の合格やスポーツでの功績など様々なものが考慮される傾向があります。